概要

日本Glycemic Index研究会
設立趣意書
 近年、糖尿病、肥満、高脂血症、高尿酸血症、高血圧さらにはこれらを基盤として進展する動脈硬化、冠状動脈性疾患、腎臓障害、脂肪肝などは、日常の生活習慣の不適切さが問題とされ、国民の健康増進の面からは極めて重要な問題として広く認識されているところである。とりわけ、日常の食習慣の面からの視点は疾患の予防・治療の上から最も関心の高いところである。
 糖尿病はそのなかでも、ことに長期にわたる食事制限が必要とされる代表的疾患である。 従来から血糖値のコントロールを目的に、食品交換表を基にした総摂取エネルギーの制限に主眼をおいた食事指導が広く普及し、日本糖尿病学会で推奨している食品交換表は、隠れたベストセラー本となっている。 医師・栄養士にとっても、また自らの食事療法に熱心な患者さん達にとっても、いわば糖尿病食事療法のバイブル的存在である。しかしながら、「指導されたとおりに、食品交換表を基にきちんと食事療法を行っているが、必ずしもよくならない」と訴える患者さんがいることも、よく経験するところである。
 一方、カナダの Jenkins らにより1981年 に提唱された Glycemic Index の概念は、たとえ同じ糖質としての分量の摂取であっても、素材が異なれば血糖値への影響は同様ではないという主張である。カナダ、オーストラリアを中心に進められてきた研究とその成果は、わが国ではごく少数の研究者が注目しただけで20年が経過してきた。遅ればせながら、米国でも近年はその有用性が注目され、NIHもその普及に努めている。
 わが国においても、この普及を急がねばならない時期にあると思われる。そのためには、日本人のためのそして日本食についての Glycemic Index の研究を精力的に進めていかなければならないところである。海外でも日本食についての関心が高まりつつある今日、同一の視点に立って国際的にもその情報を発信することも求められている。
 以上の観点から、わが国における食習慣を中心として、その食材、食品、食事についての Glycemic Index の検討を推進し、その成績を広く知らしめるための研究会の設立は急務と認識する。
 これにより、各種の生活習慣病の予防と治療に役立つ情報を食品交換表に加えることにより、国民の健康増進に極めて有益であると思われる。 本研究会設立の主旨にご賛同賜り、多くの方々が本研究会に入会されることを心から希望するところである。(平成14年6月2日)
発起人
田中 照二 聖徳大学
杉山 みち子 国立健康・栄養研究所
佐々木 敏 国立健康・栄養研究所
横山 淳一 東京慈恵会医科大学・内科
柳井 一男 東京慈恵会医科大学・栄養部
林 進 東京慈恵会医科大学・栄養部
小山 和作 日赤熊本健康管理センター
若木 陽子 日赤熊本健康管理センター
武藤 正樹 国立長野病院・副院長
田中 征雄 国立長野病院・内科、綜合診療科
鶴見 克則 国立長野病院・栄養管理室
川久保 清 東京大学医学部健康科学部
鄭 珠 東京大学医学部健康科学部
会則
(名称)
第1条 本会は日本Glycemic Index 研究会(略称:日本GI 研究会)と称し、英文ではJapanese Association for the Study of Glycemic Index (JASGI) を用いる

(目的)
第2条 本会はわが国において入手可能な食材、食品、食事について、Glycemic Index の観点からの研究の推進をはかり、その成果を広く啓蒙することにより、わが国における国民の健康増進に寄与することを目的とする

第3条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う
(1)学術集会等の開催
(2)その他、当研究会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条 本会の会員は次の通りとする
(1)正会員 本会の目的に賛同し、研究集会に参加し、規 定の参加費を納入した個人
(2)その他、本会が認めた者

(役員)
第5条 本会には次の役員をおく 幹事 5名以上10名以内〔うち代表幹事1名、名誉幹事(若干名)、事務局長1名含む〕 監事 2名

(役員の選出)
第6条 幹事(うち代表幹事1名、名誉幹事(若干名)、事務局長1名含む)は、幹事会が正会員の中から推薦する
2 幹事は互選で代表幹事を定める
3 常務幹事は代表幹事が幹事の中から推薦する

(役員の任期)
第7条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない

(事務局)
第8条 事務局に若干名の事務局員をおく

(会計)
第9条 本会の運営は参加費その他の収入をもって充てる
2 本会の会計および事業年度は毎年4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる

(会則)
第10条 本会則を変更するときは、幹事会の議を経て承認を得るものとする

(事務局)
第11条 本会の事務局は当分の間、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部に置く

(付則)
1.本会則は平成14年7月20日より施行する
2.本会の会費は次の通りとする 研究会における参加費をもって会費とする

改定 平成17年7月17日
改訂 平成24年4月1日
改訂 平成25年7月1日
役員
【代表幹事】
佐々木 敬 公益財団法人佐々木研究所 理事長, 東京慈恵会医科大学 客員教授

【幹事】
横田 太持 東京慈恵会医科大学葛飾医療センター糖尿病・代謝・内分泌内科 教授
吉田 智  横浜市立大学 客員講師
冨永 晴郎 杏雲堂病院栄養管理科
種村 陽子 東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部
福士 朝子 東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター 栄養部
湯浅 愛  東京慈恵会医科大学附属柏病院 栄養部
(順不同)

【事務局長】
山本 恵美 東京慈恵会医科大学附属柏病院 栄養部

【名誉幹事】
田中 照二 (訃報:2021年8月5日にご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。)